カウンセリング基本技法

カウンセリングの本です。この本はわずか50ページ位の本です。相手の心を解き放つ癒しを導く話法ではなく、相手の症状から医学的知識に裏付けされた病名をできるだけ正しく特定し、それに合わせた療法をアドバイスしていくような内容で...

精神医科学基礎

様々な精神疾患が特徴や症状で分類されています。根性論や精神論ではなく、誰もが罹る可能性がある病気として捉える事が精神疾患の治療の第一歩です。分かりづらい精神疾患を治療するために、様々な角度から特徴を捉え、疾患の種類を断定...

精神解剖生理学基礎

解剖生理学。体の構造と機能の学問です。精神がついているので、精神疾患時にそれらがどのような反応を見せるかという事も書かれています。重厚感があって細かい字でぎっしり書かれているわけではなく、90ページ弱で中学校か高校の教科...

こころ検定公式テキスト3級

4級よりさらに聞きなれないカタカナがたくさんたくさんでてきます。覚えようと思うとかなり苦労するでしょう。ただ、すごく興味深くて面白い内容でした。3級は人間のこころの成長について書かれています。赤ちゃんがお母さんの体内にい...

こころ検定公式テキスト4級

こころ検定。4級のレベルは、巷にあふれる人の心を読むような類のライトな心理学の本の知識の延長かと思っていました。ところが、最初に出てくるパブロフ以外は、読み進めても心理学のいろはの「い」のフロイトやユングは最後まで登場し...

こんな本置いてます vol.121/本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない

柳美里さんに選んでいただいた本の中の1冊です。盛岡市にある『さわや書店』の店長が書いた本です。同じく『Title』の店長辻山良雄さんが書かれた『本屋、はじめました』という本と通じる内容です。今はネットで気軽に本が買えてし...

こんな本置いてます vol.114/詩の向こうで、僕らはそっと手をつなぐ。

表紙に萌詩アンソロジーと書かれています。中原中也、石川啄木、島崎藤村、高村光太郎、萩原朔太郎などなど、歴代の詩人の萌える詩の選集です。歴史的仮名遣いがこれほどまでに、上品で美しい響きを持つものかと読みながら溜息がでてきま...