こんな本置いてます vol.51

子どもの世界では重い病気にかかると、時として誤解が生じます。病気の子がひいきされているとか、うつる病気でもないのにうつされるとか・・・。この絵本はそんな懸命に病気と戦っている子供たちのために、チャールズ・M・シュルツが書いた本です。タイトルはチャーリー・ブラウンになっていますが、ライナスが主人公です。いつも毛布を手放さない甘えん坊な印象の強いライナスでしたが、ここでは毛布を手放し白血病の女の子を一生懸命支えます。ライナスって、しっかりしていて優しい子だったんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です