こんな本置いてます vol.45

読書はしてみたいけど、何から読んだら良いのやら。と、思った時に見て欲しい(読んで欲しい)本たちです。まずは小泉今日子さんの書評集。アイドル時代のキョンキョンを見てきた私としては、約100冊もの多彩な本を紹介している読書好きな一面が意外な感じもします。特に本の最初に書かれている本を読むきっかけは衝撃的です。小泉今日子さんがアイドル時代に人との関わりを避けるために読み始めたというような事が書かれています。でも、一気に親近感がわいてきました。そして、飾らない言葉で書かれているのでとても読みやすいです。紹介されている本はホトリ文庫(当店に置いている本です)で扱っている本もありますので、参考にしてみてください。次に必読書150。人文社会学科、海外文学、日本文学からそれぞれ50冊づつ。古典的な名著が紹介されています。本屋図鑑は、全国47都道府県に足を運んで訪れた本屋さんを紹介している変わり種の本です。ここ宮城県は「ブックスなにわ多賀城店」が紹介されていて、何故か旅行本が置いてある棚をクローズアップしています。紹介されている本屋さんはすべて、写真ではなく得地直美さんのイラストで掲載されていますが、すごく親しみやすい鉛筆画で、本屋さんをモチーフにした画集としても楽しめます。本を読む人だけが手にするもの、本を読む人はどれだけ得をするのかという話で、1冊の本ができてしまっています。もう一度読みたい教科書の泣ける名作は、学校の国語ででてきた懐かしい話がたくさん収録されています。乙女の読書道は作者の好みでSF・ファンタジーに偏った本が紹介されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です