こんな本置いてます vol.10

『あさイチ』を退職。いや、NHKを退職し新天地『news zero』のメインパーソナリティーとして、活躍されている有働由美子さんのエッセイです。今から4年前の2014年に発行された本です。NHKらしからぬひょうきん(死語)なアナウンサーとして人気がありますが、『news zero』では、別人かのような佇まいで、落ち着いて進行しています。やはり、相方(イノッチ)がいないと漫才は成立しないのでしょうか。それともひょうきんなイメージからの脱却を狙っているのでしょうか。などなど、何をやっても話題になってしまうのが有働由美子さんです。こちらの本は『あさイチ』の雰囲気そのままと言っていいほど、面白くて読みやすい内容です。何しろエッセイの最初の内容が「わき汗」ですから。「わき汗」でつかまれて、どんどん読めてしまいます。主に仕事の裏話ですが読み進めていくと、私生活の事にも踏み入ってしまう。笑える話ばかりではないのですが、飾らなく本音が伝わってくるので共感してしまいます。有働由美子さんの分岐点となっている今だから読みたい本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です